アズテック調査コラム
サイトマップ | プライバシーポリシー | お問い合わせ

他社権利調査の進め方の基本

1. はじめに  他社権利調査とは、ある製品(実施技術)が他人の特許を侵害していないかどうかを調べる調査です。他に、侵害予防調査、クリアランス調査、FTO調査(Freedom To Operate)等とも呼ばれ、その調査の進め方にも各社毎の特色があったりもします。本稿では、私が他社権利調査を進める際の基本的な考え方を紹介します。 目次 1. はじめに2. 特許を侵害するとは3. 基本的な進め方 3.1 権利一体の原則 3.2 調査対象となる資料4. “やらない事”を明らかにする5. おわりに 2

Continue reading

簡単にできる特許検索(外国特許文献)

 以前“簡単にできる特許検索”と題して無料DBである「J-PlatPat」での検索方法として、特に番号による検索、キーワードによる検索を紹介しました。 その際に、キーワード検索においても外国特許文献の検索ができることに触れましたが、数年前に比べて検索できる対象が拡充されています。そこで今回は、実際に「J-PlatPat」においてどのように、何を検索できるのか、改めて検証しました。 目次 キーワード検索ができる外国特許文献は?テキスト検索対象とは?  ①テキスト検索(和文)  ②テキスト検索(英文

Continue reading

無効資料調査の基本

1. はじめに  特許調査には、出願前調査、他社権利調査、技術動向調査などの種類がありますが、中でも無効資料調査は、法的スキル、技術スキル、検索スキルが総合的に要求される調査です。今回はその無効資料調査及びその調査戦略立案のポイントについて簡単にご説明いたします。 目次 1. はじめに2. 無効資料調査とは3. 必要なスキル4. 確認すべき書類5. 調査戦略立案のポイント (1) 特許公報の確認 (2) 審査における出願人の主張 (3) 補正の内容 (4) 審査時の調査範囲6. まとめ 2. 無

Continue reading

アズテックの社内支援制度

1. はじめに  アズテックは特許情報の調査・分析を専門とした独立系の調査会社で、知財業界に身を置く企業の中でも割とニッチなポジションであると考えています。人材採用のシーンでは大手企業と比較されることも多く、より良い人材の確保については四苦八苦しながらも毎年続けています。事実、就職市場はここ数年で売り手市場化が進み業種や企業規模による違いはあるものの、人を1人採用することも難しい時代になってきました。また採用だけでなく、より高品質な特許調査を提供するために調査のプロフェッショナルを育て上げること

Continue reading

特許調査のアウトソーシングのメリット、デメリット(2)

 特許調査の外部委託を検討する際のポイントとして、そのメリットとデメリットを2回に分けてお送りしています。この後半では前半のメリットに続き、デメリット側を見ていきます。 【前半の記事】→ 特許調査のアウトソーシングのメリット、デメリット(1)目次(前半)1. はじめに2. アウトソーシング一般のメリット、デメリット  【一般的なメリット】  【一般的なデメリット】3. 特許調査におけるメリット  A) 人員の調整(増減の調整)、業務の繁閑差対応、固定費の変動費化  B) 業務の整理とコア業務の明

Continue reading

特許調査のアウトソーシングのメリット、デメリット(1)

1. はじめに  特許事務所を始め、日本国内だけでも知財系の調査サービスを提供する企業は多くあります(アズテックもその一つです)。この様ないわゆる外注業者への業務委託を利用したり利用を検討したりすることは、この知財業界にいる方であれば経験のある方も多いのではないでしょうか。今回は調査会社側の視点から、調査委託のメリット・デメリットを整理してみたいと思います。ただし「調査会社側の視点」と言えど我田引水とならない様に客観的に論じるため、ここではアウトソーシングの一般論に沿って進めていきます。  なお

Continue reading

特許権の存続期間

1.はじめに 特許公報を見ていると、いろいろな日付が出てきます。例えば、出願日、公開日、登録日、(公報)発行日、…… 今回は、これらの日付を使い、特許権を見る上で気にすることも多くその特許権が存続しているか否かを判断する一つの目安になる「存続期間」について見ていきます。 目次 1.はじめに2.特許権は20年間?3.存続期間が20年を超えることも4.医薬品以外に延長制度はないの?5.さいごに 2.特許権は20年間? 特許権は“20年”有効と、聞いたことがある方も多いのではないでしょうか? 現在の日

Continue reading

キーワード検索のテクニックと考え方

1.はじめに キーワードを用いた検索はGoogle検索の様に身近であり、特許調査においても特許分類を使わずに手軽にできる検索手法です。本稿では、特許調査を中心とし論文調査等にも活用できるキーワード検索の基本的な手法から、応用的な手法や考え方を紹介します。 目次 1. はじめに2. 基本的なキーワード検索のアプローチ  2.1 同義語、類義語  2.2 省略形、異表記、変換  2.3 特許用語、方言、流行語3. 応用的なキーワード検索のアプローチ  3.1 上位語・下位語  3.2 近傍検索  3

Continue reading

簡単にできる特許検索

【2019年5月13日 J-PlatPatのリニューアルに伴い記載内容を更新 】 前回のコラムでは、“特許情報”から“技術情報”と“権利情報”が読み取れることを説明しました。では、実際にそれらの情報をどうしたら検索できるのでしょうか。契約している有料データベースがあれば、そちらを用いるのが有用です。しかし、そのような契約をしていない場合、出先でちょっと検索したいなど、有料データベースを使用できない場合でも、無料でインターネット上のサービスを利用して検索することができます。今回は、このような「無料

Continue reading

特許情報の基本知識

1.はじめに 特許の調査分析を行うにあたっては、特許情報についての知識が必要不可欠です。 ここでは、特許情報とはどういったものなのか?どんなことが分かるのか?あるいは分からないのか?について簡単に解説したいと思います。 2.特許情報とは? 特許情報は、広義には特許制度に基づいて生まれる各種の情報を言いますが、特許の調査分析においては、主に、  特許公報・公開特許公報のデータ(書誌事項・明細書・特許請求の範囲などの情報)  整理標準化データ(書誌・経過情報) ※ただし、2019

Continue reading